スタッフブログ/お知らせ

スタッフブログ/お知らせ

スタッフブログ : 詳細記事

ISO感度800

最近立て続けにカメラネタを書いている。

ISO800。

今日のキーワード。

 

 

 

最近はカメラ女子という言葉があるくらいカメラを持ち歩く女性が増えた。

それもちょっといいカメラ。

 

 

だけど、やっぱりカメラのことを知らない人の方が圧倒的に多いし、

撮影する時、マニュアルを使いこなしている人は少ないと思う。

 

 

フルオートで、「スパッ」っと。

それはそれでいいと思う。

 

 

フルオートで簡単に綺麗な写真が残せる、

それって一つの理想のスタイルかもしれない。

 

 

だからメーカーも、顔認識やフォーカスの精度など、

フルオート撮影での性能を追求し続けている。

 

 

タイトルにあるISO800、

フィルムの感度を示す数値だが、デジタルでも使われる。

 

よく間違われるが、

高感度(高ISO)=高画質

ではない。

 

高感度(高ISO)=低画質、

つまり、

低感度(低ISO)=高画質

が正解。

 

 

カメラは低ISO(たいていはISO100又はISO200)での撮影時、

最も画質が良い設定になっている。

 

 

ISO800、

屋内でフラッシュなしで撮影した時に

カメラが自動で判断し設定されることが多い数字だと思う。

 

ISO100がベース感度のカメラの場合、

ISO200では明るさを稼ぐため、センサーに入ってきた情報を2倍に増幅して記録する。

ISO400では4倍、ISO800では8倍といった具合に増幅される。

 

低ISOではブレる被写体も、あるいは手ぶれを起こす場合も

早いシャッター速度で撮影できる分、しっかり被写体を止めて撮影できる。

その反面、電気的に信号を増幅するのでノイズが増え画質は落ちる。

 

 

アクイールでもパーティ会場をカメラ任せで撮影すると、

撮影した画像を再生した時によくISO800と表示される。

他の結婚式場も概ね同じだと思う。

 

 

つまり、結婚式場や屋内で

フラッシュ発光なしのフルオートで撮影する際、

ISO感度800でノイズが少なく綺麗に撮影できるかどうか?

そこが決め手となると思う。

 

 

カメラは発行禁止、

フルオートで「スパッ」と派の人は一つの基準にすると良いかも知れない。

ブライダルフェア開催中
試食会や模擬挙式が体験できる「フェア」も開催しております。 お気軽にご参加ください。
詳しいイベント予定はこちら
ご見学・ご相談
いつでもご見学・ご相談を承っております。お気軽にお尋ねください。
見学のご予約・ご相談はこちら

PAGE TOP